500円以下で子供服が買える通販サイトまとめ

この記事では、500円以下で子供服が買える通販サイトをまとめてみました。

かじりんご
かじりんご

もうカレーうどんも、苺の汁も怖くないよ!

500円以下で子供服が買える通販サイトまとめ

OUTLET PEAK(アウトレットピーク)

OUTLET PEAK(アウトレットピーク)は人気ブランドのファッションアイテムを公式に取り扱う国内最大級のアウトレット通販サイトです。

子供服専門サイトではありませんが、キッズコーナーにはお買い得な服が沢山あります。

例えばこんな感じ!

激安~!

不定期ですが、新規会員登録者は全品送料無料キャンペーンもやっているので、そのタイミングでお買い物すると、なんとセール商品だけ狙い撃ちでお買い物する事ができます。

⇒現在のキャンペーンを確認する

また、アウトレットピークは子供の服だけではなく大人のファッションアイテムも取り扱っているので一緒に買う事で送料無料にすることも出来ます。

私はいつも、子供の服を安い順に並べ替えてほしい服がないかチェックしてから送料合わせの為に自分の服を買ったりしていますよ。

SHOPLIST.com by CROOZ(ショップリスト バイ クローズ)

SHOPLIST.com by CROOZはレディースからメンズ・キッズまで、多様なジャンルのファストファッションアイテムがまとめて買えるショッピングサイトです。

こちらの「キッズ」カテゴリにも500円以下でお買い物出来るアイテムが沢山あります。

こちら→「キッズ」からサイトに入って安い順に並べ替えてみて下さい。

ダダダダーとお買い得商品に出会うことが出来ると思います。

例えばこんな感じね。

やっほい!って感じですよね。

 

因みに、西松屋の服も沢山出てきます。

「じゃあ、西松屋で買えばいいじゃん」となるところですが、SHOPLIST.com by CROOZははよく全品送料無料キャンペーンや、クーポンキャンペーン等をやっていたりするので私は西松屋よりも安く感じます。

西松屋

すぐ上で、西松屋の商品を買うならSHOPLIST.com by CROOZがお勧めですよと書きましたが、他にも西松屋の商品を買う方法があります。

西松屋チェーンは色んなモールに店舗を出していますが、SHOPLIST.com by CROOZがでお買い物するなら西松屋チェーンWowma店をお勧めします。

西松屋チェーンWowma店なら4500円以上で送料無料になりますが、西松屋チェーン楽天市場店だと10000円以上購入しないと送料無料にならないからです。

どうしても楽天スーパーポイントを使いたい場合や、お買い物マラソン中なので楽天でお買い物したいという場合は、赤ちゃんがいる家庭ならオムツやミルクを一緒に買うといいと思います。

また、服はあまり置いていないようですが、哺乳瓶などちょっとした雑貨類を買うなら西松屋チェーンAmazon店が1点から配送してくれたりするので便利です。

Amazonのキッズ&ベビーコーナー

Amazonのキッズベビーファッションカテゴリもよく利用します。

Amazonのいいところは、ファッションアイテムが配送料無料(条件あり)なのと、30日間返品送料無料な所です。

また、頻繁にクーポンを配布しているので、額面よりも安くお買い物する事が出来ます。

キャラクターアイテムが好きな方にも人気ですよね。

なお、もう入会されている方も多いと思いますが、Amazonプライムは絶対お得です。

Amazonプライムは本来、年間3990円で迅速で便利な配送特典が受けられるというものでしたが、現在はおまけで映画やドラマが見放題、雑誌や本読み放題、音楽聞き放題、写真保存し放題など、もう本来の特典以上のものが込々なんです。

うちの両親なんかAmazonで買い物しないのに、Amazonプライムビデオが見たいからAmazonプライムに入っています。

一ヶ月は無料ですので是非気軽に試してみて下さい。

なお、お試しは本来なら1人1回なのですが、私はお試しした2年後にダメ元で申し込んでみたら問題なく無料でトライアルできました。

なので、もし1回お試ししたけどやっぱりAmazonプライムを使ってみようかなと思ってる方も、ダメ元で挑戦してみてもいいかもしれません。

⇒Amazonプライムの詳細はこちら

まとめ

子供の服って、すぐに膝が破れたりしますよね。

その穴を可愛く繕ってあげれる技術と時間があればいいんですけど、私の様に育児+家事+仕事を掛け持ちしたりして、時間が無い方も多いと思います。

そんな方は、汚れたり破れたりした服は潔く雑巾にでもして安くて新しい服を買ってみてはどうでしょうか。

その方が、思い切って泥だらけになって遊ばせられるかもしれませんよ(o^―^o)

免責事項
この記事の情報は、私が記事を書いた時点のものになります。
定期的にチェックして追記・推敲はしていますが更新が追い付かないこともありますので、リンクが切れていたり、情報が古い場合もありますのでご注意下さいませ。

コメント