3人目妊娠で経済的不安を抱える方へ

私は結婚する前から子供は2人と決めていました。

しかも上が男の子、下が女の子という希望も叶ってとても満足していました。

かじりんご
かじりんご

しかし、下の娘が4歳になる前に3人目の妊娠発覚。

以下の記事にも書きましたが一時は中絶も考えました。

3人目の妊娠で中絶を考える人は意外と多い!?私が産む決心をした理由。あの時中絶しなくて本当によかった。
3人目の妊娠が発覚した当初の事を書いておきたいと思います。 この様な記事を書こうと思ったきっかけは、私の様に思いがけない妊娠で家族計画が狂い、悩んでいる方がたくさんいることを知ったからです。 かじりんご 私...

 

その時に色々調べた結果、3人目の中絶を考える方は経済的不安を抱えているケースが多いと知りました。

しかも、中絶の道を選んだ方の中には「漠然と不安だから」という方もおられます。

 

しかし、折角授かった命です。

本当に経済的に無理なのかどうかをしっかり判断しないと後々公開することになります。

 

女性は「スーパーの1円2円」の目先の損得には敏感ですが、 携帯料金プランとか、自動引き落とし系の「長期的な損得」に対しては鈍感と言われています。

これから一体どれくらいお金がかかるかわからないから不安になるのではないでしょうか?

 

私が調べた限りですが、3人子供を育てるのにいくらお金が掛るかを調べてみました。

あくまで目安ですので、参考程度に読んでください。

3人子供を育てるのにいくらお金が掛るの!?

子供ひとりあたりの教育費はいくらかかる?

文部科学省の発表では子ども1人あたりの教育費は「1,000万~2,500万」と言われています。

ここに大きな差があるのは「公立・私立」の差です。

 

例えば、ごく一般的と思われる、大学だけ私立の場合や、高校~大学だけ私立に行く場合で計算すると、 大体1,000万~1,200万ぐらいに収まります。

 

幼稚園から全部私立で、さらに理系の大学だったりすると2,000万~2,500万となります。

大量の寄付金などが無い場合、大体これぐらいの金額内に収まるそうです。

 

この記事に検索してこられている方は、経済的に不安になるくらいなので幼稚園から全部私立を考えいている方は少ないでしょう。

なので、とりあえず大学だけ私立の場合の1000万~1200万を目安に考えておけばいいのではないでしょうか?

国立に行ってくれたらもう少し安くなりますが、どうなるか分かりませんので多めに考えておいた方がいいと思います。

 

なお、これらの学費とは別に習い事代、生活費が掛かってきます。

 

生活費は人によって変わってくると思うのですが、服代・食費・習い事・医療費・携帯代・オモチャ・文具・レジャー・おこづかい等で、 「1,000万~2,000万」ほど掛るそうです。

つまり教育費+生活費の合計で1人当たり最低2,000万、多く見積もると4,500万くらいです。

かじりんご
かじりんご

それが3人分ともなればかなり大変に思えますね

じゃあ、単純に子ども3人で最低でも6,000万かかるのかというとそうでもありません。

子どもが増えるにつれて、単純にコストが2倍、3倍になるかというと、そういう訳でもありません。

2人目は8割、3人目は6割程度にコストが下がると言われています。

これは服やオモチャなどをおさがりで使えることも一つですが、育児に慣れた分無駄な出費が抑えらえることが大きいそうです。

例えば、1人目の時は時間とお金に余裕があるので早期教育として色んな習い事に手を出したり、お出かけが多くなってしまうケースが多いです。

しかし、2人目、3人目になるとその時その子に必要なものが何なのか見極められるようになるのでコストが削減されるそうです。

また、送り迎えなどの大変さから幼児の時の習い事が減ったり、お出かけ回数も減ったりするそうです。

更に兄弟が増えるほど補助金が出る自治体もありますよね。

奨学金を借りればなんとかなる!?

「大学に行きたかったらアルバイトさせる」「大学の学費は自分で奨学金を借りさせる」と言う方もたくさんいます。

本当に奨学金を借りなければならないほど生活が困窮いているならわかるのですが、奨学金を当てにして節約せずに結構贅沢な生活を送っている親もいます。

人それぞれ考え方があるとは思いますが、私はお勧めしません。

 

「奨学金」というと聞こえはいいですが、言い換えれば「借金」です。

ピカピカの社会人なのに、すでに負債を背負った状態になるのです。

 

「私も奨学金を借りて返したから、子供もそうさせるわ」という考えの方も多いのですが、無事に就職できないケースもあります。

奨学金を借りる前は、皆さん当然返す気でいるのですが、実際はそうもいかないようで、実は、奨学金を滞納している方は全体の4割にも上っているそうです。

しかも、返済を滞納してしまった場合、延滞金が発生します。

その料率がかなり恐ろしくて、なんと年利10%!

奨学金だから大丈夫…と甘く見ていると怖いです。

 

かじりんご
かじりんご

滞納を続けていると、そのうち支払い督促状が届き、 やがて財産差し押さえや訴訟へと発展していきます。

奨学金が原因で破産する方も多くいるそうです。

ですので、奨学金を借りるのは最後の手段にしてください。

教育費で後々泣かない為に学資保険は大事!

後々悲惨な結果にならない為に、大学入学頃(17歳~18歳)に照準を合わせて、まとまったお金を工面する必要があります。

そんな時に役立つのが学資保険です。

計画的にお金を用意することによって心の余裕も生まれます。

でも、学資保険は沢山ありすぎて、どれに入ればいいか分かりませんよね。

という事で、私はファイナンシャルプランナーの方に相談しました。

かじりんご
かじりんご

私が利用したのは保険コネクトです。

保険コネクトは保険の相談をしたい方とファイナンシャルプランナーをマッチングさせるサービスで、無料で紹介してくれます。

勿論、学資保険だけじゃなく、生命(死亡)保険、医療保険、個人年金保険、がん保険、就業不能保険、法人保険なども相談できるので、無駄な保障を省いたコストパフォーマンスの高い保険や、保険の加入目的を叶えられる最適な保険が見つかるかもしれません。

私の場合は個人年金保険に加入しようか悩んでいたのでこちらも合わせて相談させていただきました。

もちろん相談だけで保険に入らなくても問題ありません。

ちなみに、うちは今の年収だと子供にどれぐらいの教育費をかけられるか…習い事費用はどれぐらいかけても可能か…生活費で削れるところは何処か…など細かく教えて下さったので、かなり家計の見直しになり大満足の結果となりました。

3人目を妊娠し、漠然と経済的不安を抱えているなら、是非一度プロの目で家計を見直してみて下さい。



無料保険相談の【保険コネクト】

今の収入ではとても3人育てるのは無理…と諦める前に収入を増やす努力をしましょう

プロの方に家計を見てもらっても、やはり現在の世帯収入で子供3人育てるのは経済的に無理だ…と感じた方も多いかもしれません。

しかし、ここで「経済的に苦しいから3人目は諦めよう…」とならないでほしいのです。

何故なら、この記事を読んでいるあなたは、3人目を妊娠した時点で経済的な不安はあるけど産みたいと思っているからです。

産みたくないと思っていたら、こんな記事なんか読んでいません。

 

なので、諦める前に、世帯収入を増やす方法を考えましょう。

「子どもが小さくて外では働けないので余裕が出来たらパートをしよう」と考えている方は遅い!今からお金は稼げます

既に働いている方はいいですが

「子供が小さくて外では働けない」

「保育園が見つからないから働けない」

「子供の手が離れたらパートでも探そう」

と考えている方は結構沢山いると思うのですが、経済的な不安を抱えているなら今すぐ動くべきだと思います。

今の時代、自宅でも稼げます!

私は第2子が1歳の誕生日の日に自宅で稼ごうと思って猛勉強しました。

まだ授乳中だったので、授乳しながら作業したり、2時間近くエルゴで抱っこしたままPC作業をしていたこともあります(電磁波よけの腹巻を娘の頭に巻いたりして、すごい状態でしたが (;’∀’))

どんな在宅ワークにせよ、軌道に乗るまでは大変だと思いますが、慣れてくると効率よく稼ぐことができるようになります。

私は1年ほとんど稼げない時期が続きましたが、根気よく続けて今では夫の扶養も抜けるほど稼げています。

「子供との時間をたっぷり取りたいから家で仕事は出来ない」など色々出来ない理由を見つけることは出来ますが、今の生活に無駄な時間は必ずあるはずです。

私は頑張り過ぎて1日3時間程しか寝ずに体を壊したことがあるのでそこまではお勧めできませんが、今までのんびりしていた時間を子供の将来の為に使ってみてはいかがでしょうか?

なお、私の在宅ワークの収入をコチラに載せています。

宜しければ参考にしてください。

在宅ワークでどれくらい稼げるの?
私には、いくつか収入源がありますが全部合わせると、2017年2月時点で月収100万を超えました。 2017年7月追記 ついに法人化 (;´・ω・)⇒詳細はこちら 2018年8月追記 諸事情により収入半減… 鬱っぽくなり仕事を沢山断った...

収入を増やす努力と並行して支出を減らす努力をしましょう

収入を増やす事も大切ですが、それと並行して支出を減らす努力をしましょう。

先にも述べましたが、女性は「スーパーの1円2円」の目先の損得には敏感ですが、 携帯料金プランとか、自動引き落とし系の「長期的な損得」に対しては後回しにする傾向があります。

しかし、スーパーのチラシを必死で眺めるよりも長期的なコストを見直す方が賢いしお得です。

家計の支出を改めて見直しましょう。

スマホ代金を見直しましょう

もう既に格安スマホにされている方もいると思いますが、まだなら是非早めに乗り換えて下さい。

私はソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えましたが、特に問題なく使えています。

ナンバーポータビリティー制度を使えば電話番号もそのまま使えるので手間もありません。

楽天モバイルのいい点は楽天ポイントが支払いに使える事。

また、スマホの支払いで楽天ポイントが貯まります。

つながりやすさ、スピードはドコモと同じです。

その他の格安携帯に関しては使用していないので知りませんが、スマホシェアNo1という点から見ても安心なのではないでしょうか。

保険の見直しをしましょう

スマホ代と同じように継続的な家計の支出に保険料がありますよね。

上でも保険の事については書いているので重複になってしまいますが、保険のおばちゃんに言われるがまま契約したような場合は、一度見直してみてください。

余計な保障が付いた高い保険に加入したり、必要な保障が付いてない保険に加入している場合もあります。

自分で保険会社を探してもいいですが、私は上で紹介した保険コネクトをお勧めします。

紹介してもらえるファイナンシャルプランナーは経験5年以上の優秀な方のみですし、複数の保険商品を比較して提案してくれます。

また、ファイナンシャルプランナーによるしつこい営業行為も禁止になっているので、無理に保険を薦められることもありません。

日時や場所なども柔軟に対応してくれるので、幼い子供がいる我が家はとてもありがたかったです。

まとめ

この記事では「3人目 経済的 不安」「3人目 中絶 悩む」などで検索して訪問してくださる方が大半です。

折角授かった命を中断させてしまう前に、何が不安なのか明確にして、その問題点は改善可能なものなのか検討してみて下さい。

現在2人の子供を育ててるけど、今日食べるご飯にも困っているのに3人目を妊娠してしまった…などという場合は仕方ないのかもしれませんが、もしよく考えもせずに中絶してしまったら一生十字架を背負いながら生きることになります。

私はあの時本当に安易に中絶の道を選ばなくて良かったと思っています。

やっぱり子供は可愛いものです(o^―^o)

コメント