抱っこひもに付けるリュックpomochi(ぽもち)が便利すぎる

現代ママの必須アイテムと言えば抱っこ紐ですよね。

しかし、抱っこした状態で、更に鞄を持つとか結構大変なんですよね。

特に、上にもう一人子供がいて、手をつながないといけない場合、もうそれで両手がふさがっちゃう。

オーケーオーケー!それならば斜めかけバック出番だねと思った時期もありましたが、そもそも抱っこ紐と斜めかけバックは相性が悪い。

なんやかんや上の子の用事に付き合って、はっと抱っこしてる赤子を見ると、鞄の紐が赤子の頭に食い込んでたりする。

うぎゃぁ。

そんな時はリュックの出番だねと、普通のリュックを背負っていた時もありました。

よし!これで両手が空くぞ♪

ちょろいちょろいと鼻歌交じりに出かけていましたが、はっと鏡を見ると、抱っこ紐とリュックの肩掛け部分が干渉しあって、肩がすごいことになってる。

めっちゃ強そうな肩になってる。

子育て中ガンダムかなって感じ。

いつか、雑誌に載ってるような素敵ママになりたいと願っていたのに、気が付いたらモビルスーツ装着してた…

そんな感じで、一人目、二人目の育児は不便を感じながらもいつの間にか抱っこ紐を卒業しました。

さて、三人目こそは余裕のある素敵ママになるぞ!と色々探していたところ、私のガンダムストレスを解決するアイテムを見つけました♪

抱っこ紐専用リュックpomochi(ぽもち)です。

肩紐スッキリ♪

両手もフリーです。

超絶便利~♪♪♪ということで、

同じストレスを抱えているママさんに是非是非オススメしたくて記事を書かせていただきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

抱っこひも用リュックpomochi(ぽもち)レビュー

私が購入したのはpomochi simple(ぽもち しんぷる)

私が購入したのはpomochi simple(ぽもち しんぷる)という商品です。

ロゴは可愛い系ですが、シンプルで目立ちにくいので、たいていにコーディネイトには合わせられると思います。

素材はキャンパス地なので重さも気になりません。

装着方法

上のフックを抱っこ紐の肩掛け部分に引っ掛けるだけで装着できます。

一瞬で取り付けられるので、難しい事は何もありません。

収納力も抜群

写真を撮った日は、用事が幼稚園の送迎のみだったので、荷物はこれだけでしたが、パンパンに入れれば この3倍くらいは入りそうです。

ただ、あまりパンパンに入れてしまうとかっこ悪いし、前にばかり重心がかかってしまうので腰が疲れます。

また、赤ちゃんが荷物と母親のサンドイッチ状態になるので、重いものを入れると苦しいかもしれません。

なので、私はこれくらいの荷物の量がちょうどいいかなと思います。

抱っこ紐専用リュックpomochi(ぽもち)!気になる方は是非試してみて下さい。

本当にオススメです(^ ^)

 公式  ママと子どもの「欲しい」を仕立てるpomochi(ぽもち)

 (追記)お勧めだったpomochi(ぽもち)ですが、生後2ヶ月であまり使わなくなりました。その理由

上記ではかなりお勧めしていたpomochi(ぽもち)ですが、生後2ヶ月であまり使わなくなってしまいました。

その理由を書いておきます。

理由1)荷物を入れすぎるとベビーが苦しそう

上でも少し書きましたが、pomochi(ぽもち)に荷物を沢山入れてしまうと、ママとpomochi(ぽもち)にベビーがサンドイッチされているような状態になるので、大変苦しそうです。

なので、pomochi(ぽもち)に入れる荷物は軽いもの限定になってくるのですが、上の子たちとお出かけすると水筒やらなにやら荷物が多くなってしまいます。

そうなると、別にバックを持つことになったりしてpomochi(ぽもち)の利点が半減してしまいます。

理由2)ベビーが重くなってくると前にばかり重心がかかって肩がこる

始めは小さかった赤ちゃんもあっという間に10㎏くらいになってしまいますよね。

そうすると、前にばかり重心がかかってしまって辛くなってきます。

我が家の第3子はビックベイビーで2ヶ月の時点で6㎏を超えています。

今の段階でも結構つらいのに、これ以上重くなってくると、もうpomochi(ぽもち)の出番はないんじゃないかなと思います。

理由3)お気に入りのマザーズバックが手に入った

生後2ヶ月にしてpomochi(ぽもち)をあまり持たなくなった理由の一番の理由はこれです。

現在使っているマザーズバックが気に入って、こちらばかり使っているのでpomochi(ぽもち)の出番が格段に減ってしまいました。

そのレビューはこちらです。

次男君とのお散歩の為、そろそろマザーズバックが欲しいと思っていたところ、素敵なデザインのバックを見つけたので買ってみました。 コチラで...

楽天のso sweet(ソースウィート)というショップで買ったのですが、軽くて機能的なんです♪

pomochi(ぽもち)のイラストはイキウサさんが描いています

へたうまイラストレーターのイキウサさん

余談ですがpomochi(ぽもち)のサイトデザインは、イキウサさんという方が描いてます。

例えばサイトトップのイラストはこんな感じ。

出典:http://www.pomochi.com

いい感じに力が抜けているイラストが可愛いですよね。

なお、pomochi simple(ぽもち しんぷる)のリュックのペンギンタグもイキウサさんデザインです。

「へたうま」という聞いたことないジャンルですが、味のある素敵なイラストを描かれる方です。

因みに、このブログのプロフィールイラストや家族イラストは、

このイキウサさんに描いてもらいました。

すっごく気に入っています。

イキウサさんありがとうございました(*^_^*)

イキウサさんにイラストを頼みたい方は500円からお願いできますよ

イキウサさんにイラストをお願いしたい方はココナラからお願いするといいですよ。

ココナラとは、自分の特技を売り買いできるワンコインマーケットです。

例えば、「イラスト書きます」「悩み相談します」「パソコンの分からないことろ教えます」のような特技を売り買いできます。

中には「くだらないことを10個教えます」などの謎サービスも混じっていますが、色んなサービスを見ているだけでも面白いですよ。

イキウサさんはこちらで500円からという良心価格でサービスを出しているので、もしお願いしたい方は利用してみてはいかがでしょうか(o^―^o)

無料登録して詳しくみる

私が使っている抱っこ紐は新生児から縦だきOKなエルゴアダプトです

なお、私が使っている抱っこ紐はインサート無しで新生児から縦だきOKなエルゴアダプトです。

この写真を撮ったのは生後3週間の息子ちゃんですが、問題なしでした。

カバーを付けるとこんな感じ。

なお、本当は、子供の頭に抱っこしたままキス出来るくらいの位置に装着するのが正解らしいです。

あまり下の方に装着してしまうと、ベビーがママの胸に挟まれてしまって苦しい事があるそうです。

写真を撮った後に知ったのですが、撮りなおすのが面倒なのでこのまま掲載しちゃいました。(あかんやろ)

エルゴアダプトは一番メジャーなエルゴベビーよりはお値段が高いのですが、エルゴベビー+インサートを買うくらいならエルゴアダプト一個買ったほうが安いですし、ベビーが暑さで蒸れたりする心配もありません。

ただ、インサート無しで新生児を縦だっこしていると

「新生児なのにインサート無しで縦抱きして大丈夫?」

「これ、インサート無しで新生児から抱っこできるエルゴなんですよ」

というやり取りを、合う人合う人にしないといけなくなります。

私は恐らくこのやり取りを30回くらいしました。

しかも、幼稚園のお迎えとかでママ友たちと子供が出てくるのを待ってる時とかって、ひとりひとりママたちの輪が増えていくんです。

そのたびに上記の説明をするので、最初の方に説明を聞いた人は「おいおい、その説明何回目だよ」と思われている恐れがあります。

初めて説明するママと、何回も説明を聞かされたママの両方に気を使いながら話さないといけないので、コミュ障の私にはかなり大変な作業です。

まぁ、これは私個人の問題です。

だれかこういう時の対策を教えて。

エルゴアダプトはどこで買ったの?

エルゴは、楽天やAmazonなんかで買うと、割と偽物に当たったりするそうです。

なので、私は必ず正規品が買えるダッドウェイオンラインで買いました。

他のサイトに比べて高いのかなと思うと、そうでも無いですし、新規登録ですぐに使える500ポイントも貰えます。

抱っこひもを買おうか悩んでいる方でエルゴをご希望の方にはお勧めですよ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする