外出先で破水!どうやって対処した!?体験談まとめ

私は2人目は陣痛から始まりましたが、1人目は破水から始まりました。

予定日を5日超えた夜に、テレビを見ていて体制を崩した時に”パツン”と音がして、気が付いたら水たまり…

下位破水だったのでちょろちょろなんてものではなく、ドバドバという感じでした。

 

3人目の妊娠が臨月に差し掛かった時、心配だったのは外出先で破水した場合の対処。

私は長女の幼稚園の送迎の為、毎日100段近くある階段を1日2回上り下り。

そんな時に破水してしまったらどうしようと心配でした。

 

臨月の妊婦さんは私と同じような心配をされている方が少なからずおられると思います。

ですので、今回は仕事でお付き合いのあるアンケート業者さんにお願いして体験談を集めました。

宜しければ参考にしてください。

外出先で破水しちゃった!その時の対処は!?みんなの体験談をまとめました

Aさん「ショッピングモールで破水」

生産期に入ると、助産師さんからとにかく歩いて赤ちゃんを下してあげてと言われていたので、よくウォーキング代わりにショッピングモールを歩いていました。

すると、急に股が濡れたような感触が…

白い靴下にはピンクのシミが…

その時、ちょうど購入済みのオムツを持っていたのでトイレに駆け込みバリっと開けて、ナプキン代わりにしました。

産院に電話するとすぐに来てくれという事だったのでタクシーを呼んで病院に直行しました。

何も持っていなくて、スカートがびちょびちょだったらさすがにタクシーに乗るのも躊躇したと思うので、あの時オムツを持っていて良かったと心から思いました。

臨月に入ったら急に破水することも考慮して夜用ナプキンくらいは持ち歩かないとダメだなと思いました。

 

Bさん「近所を散歩中に破水…なのにスマホの充電はわずか10%…」

日課の散歩の途中に破水しました。

田舎なので、人気は無く助けてくれる人は周りにいません。

しかし、こんな事態になった時の為に、妊婦タクシー(陣痛は破水時に病院に連れて行ってくれるタクシー)に登録していたので慌てずにスマホを取り出しました。

しかし、スマホの充電が10%なのに気づき大慌て。

幸い、タクシーは迷うことなく来てくれたので助かりましたが途中で充電が切れてタクシーを呼べなかったことを考えると今でもぞっとします。

母子手帳とスマホは外出時は持っている方がほとんどだと思いますが、モバイルバッテリーも持っていると安心です。

管理人コメント:モバイルバッテリーは盲点でしたね。
この体験談を見て私も急いで買いました。
持ってない方は一応持っていると安心ですよ

Cさん「破水から始まる予感的中!レジャーシートを持っていて良かった」

1人目が破水で始まっていたので(その時は自宅)、2人目も破水から始まるんじゃないかなと予想はしていました。

上の子の公園に毎日付き合っていたので、外で破水した場合に備えていつも鞄には母子手帳、診察券、スマホ、バスタオル、着替えの下着、ビニール袋、夜用ナプキン、レジャーシートを入れていました。

そして案の定、公園に居るときに下位破水。

足元は水たまりになりました。

すぐに腰にバスタオルを巻き、新しい下着に夜用ナプキンを装着し、塗れた下着はビニール袋にいれました。

スマホでタクシーを呼んで、事情を話し下にレジャーシートを引くことを条件に乗車の許可を貰いました。

病院につくと子宮口は全開ですぐに分娩台に上がらされました。

自分の完璧な段取り力に惚れ惚れ。

ただ、こんな偉業を成し遂げたのに誰も見ててくれなかったのが少し悔しいです。

 

管理人コメント:用意周到で素晴らしいですね。

私も外出時の破水が心配だったので、助産師さんに相談したのですが、夜用ナプキンよりも「産直後・破水時用のお産用パッド」の方が安心だそうですよ(o^―^o)

吸収率が違うそうです。

まとめ

破水から出産が始まる事は珍しい事ではありませんが、急な破水はやっぱりビックリします。

いつ何が起こってもいいように臨月に入ったら外出時は万全の準備をしておきましょう(o^―^o)

 

コメント