レゴとメガブロックは互換性あり!組み合わせると世界がぐっと広がるよ!

メガブロックでミニオンズのアドベントカレンダーを見つけました。

レゴのアドベントカレンダーは前から知っていて、毎年買おうかどうか悩むのですが、いまいち可愛さに欠けるのでスルーしていました。

 

子供達も、レゴのやつだと途中で飽きるだろうな~と思ったし。

しかし、ミニオンのアドベントカレンダーなら絶対喜ぶだろうなと思って買ってみました。

結果、毎日楽しく遊んでくれているので買って大正解♪

 

なお、買う前に我が家にある大量のレゴと互換性があるのかどうか気になって調べたので、それについてまとめてみました。

宜しければ参考にしてください。

レゴとメガブロックは互換性あり!一緒に使う事で世界がぐっと広がるよ

レゴとメガブロックを組み合わせたところ、問題なく一緒に使えました。

 

下の基盤はレゴで、上のパーツはメガブロックのアドベントカレンダーに入っていたモノです。

規格が一緒なので難なく使えます。

レゴとメガブロックは互換性があり、一緒に連結して遊べるようになっていますが、ビジネス上の理由でその事をあまり公式に公表していないそうです。

 

プラスチックの素材がちょっとだけ違うそうですが、私はあまり気になりませんでした。

なので一緒にレゴの箱に入れてしまっています。

 

因みに、ご存じの方がほとんどだと思うのですが、普通サイズのレゴと大きいサイズのデュプロも組み合わせられます。

また大きいサイズのメガブロックも同様に互換性がありますので、一緒に使えば世界がぐっと広がりますよ♪

左がメガ、右がレゴです。

 

因みに、

レゴブロックはデンマークの「レゴ社」が作っているブロック。

メガブロックはカナダの「メガブロック社」が作っているブロックです。

メガブロックは日本ではバンダイと提携している為、日本のキャラクター物を題材にしたセットも出ています(アンパンマンとかね)。

レゴの方が圧倒的に種類は多いですが、メガブロックでしか買えないものもありますので、お子様の好みに合わせて揃えてあげてもいいと思いますよ。

レゴとメガブロックは互換性あり!だけどダイヤブロックは規格が違う

ブロックと言えばレゴ、メガブロック、ダイヤブロックがパッと思いつくと思うのですが、レゴとメガブロックは互換性がありますが、ダイヤブロックは規格がちょっと違うので組み合わせて遊ぶことが出来ません。

 

ブロックの元祖はレゴブロック。

それを日本がパックった模倣したのがダイヤブロックで、カナダでパクった模倣したのがメガブロックです。

どうせマネするなら、日本もレゴと互換性を持たせといたらもっと売れたかもしれませんね(´-∀-`;)

私が購入したアドベントカレンダーはこれ

因みに、上でも少し触れましたが、今回私が購入したミニオンのアドベントカレンダーはこちらです。

怪盗グルーバージョンもありますよ。

毎年悩んでいたレゴのアドベントカレンダーたち。

3種類あるのですが、我が家は男女の兄妹だし、スターウォーズも好きではないのでやっぱりミニオンにして良かったです♪

今度は普通にブロックも増やしてみようかな~♪

人形だけもあります♪

コメント