授乳中の胃カメラ体験記

私は3児の母です。

3人とも完全母乳育てました。

完全母乳だと、人になかなか預けられないので、3人目は混合にしようと思っていたのですが、私の母乳の出が良すぎて、吸ってもらわないとどうにもならない&消毒が面倒…という理由で、結局3人目も完母で育てました。

そんな折、産後3ヶ月目で酷い胃痛&背中の痛みが・・・

すぐにおさまると思って放置していたら、1ヶ月たっても全然痛みが引かない…

いや、むしろひどくなってる…

処方してもらった胃薬を飲んでも良くならないし、エコーをしても何も悪い所は見つからない。

-e1519297984510.jpg

もしかして胃潰瘍かな…いや、ひょっとして胃ガンかも!?

などと不安は募るばかり。

そんな私を見て、「そんなに不安なら手っ取り早く胃カメラしちゃいましょうか」と医師。

そんなこんなで人生初の胃カメラをする事になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

授乳中の胃カメラ体験記

授乳中なのに、麻酔を使っても大丈夫?

-e1519297984510.jpg

結論から言うと、局所麻酔なら大丈夫らしいです。

胃カメラが怖くて不安な方は鎮静剤を使う方がいるそうですが、鎮静剤は授乳中の場合使わないほうがいいそうです。

私の先生は「実は使ってもたいして問題じゃないんだけど、一応使わない方向で行きましょう」と言っていました。

自分なりに調べると、鎮静剤は医師によって意見が分かれるようです。

「特に問題ない」という人もいるし「鎮静剤を使う場合は4時間は空けて授乳してください」という人もいるし「2日間は空けて下さい」という人もいます。

という事で、どの考え方が正しいかは分りませんが、鎮静剤は使わないに越したことはないでしょう。

私は、鼻ではなく嗚咽反射がより強いという口からの胃カメラをしましたが、鎮静剤を使わなくても問題ありませんでした。

というか、出産を経験したあなたなら、鎮静剤は無くても大丈夫!

1a7836df65ce497e2da4354fc847ce6a.png

私は妊婦検診の内診の方が肉体的にも精神的にもよっぽど辛かった。

鼻からの胃カメラ希望でしたが口からになりました

口からの胃カメラは嗚咽反射が激しいと聞いて、私は鼻からの胃カメラを希望していました。

しかし、いざ鼻に胃カメラを入れようとしたところ、全然入らない。

私は鼻の奥が狭いようで、右からも左からもダメでした。

という事で、泣く泣く口からの胃カメラに変更。

しかし、まぁ結論からいうと口からでも大丈夫でした。

鼻⇒口からの胃カメラに変更になった体験記

鼻からの胃カメラを希望していたのに、口からになることは女性の場合結構ある事のようなので体験記を書いておきます。

①胃の泡を消すお薬を飲む

最初に胃の泡を消すお薬を飲まされます。

このお薬は、錠剤ではなく水に溶かして飲むタイプのもので、バリウムの様な感じでドロッとしています。

まぁ、バリウムよりは軽くて飲みやすく、ゲップを我慢する必要がないので楽ですが、あまりおいしくありません。

劇的にまずいわけではありませんが、美味しくないものをコップ1杯飲むのって地味に辛いです。

➁鼻血が出にくいようにするお薬を鼻にシュッシュする

鼻の血管を収縮させ、鼻血が出にくくするお薬を左右の鼻に3回づつシュッシュします。

喉ほうにも落ちてくるので、ちょっと嫌な味がします。

③仰向けになり、片方の鼻に麻酔を垂らす

比較的通りやすいと感じる方の鼻の穴にドロッとした麻酔薬を垂らされます。

ちょっとツンとしたような痛みを感じますが、大した事はありません。

麻酔薬はのどの方まで落ちてくるので、のども少し麻痺しますが、全く感覚がなくなるという事はありません。

④外側に麻酔が付いたゴムの管を鼻に刺される

胃カメラを入れる前に、外側に麻酔が付いたゴムの管を鼻にさされます。

太さは2種類。

まず細い方を刺して3分待つ。

その後太い方を刺して3分待つ。

この太いゴムの管が入らなければ、胃カメラは通らないので鼻からの胃カメラは不可能となります。

私の場合は、太い管はギリギリ通ったのですが、胃カメラの方が固いので鼻からは無理でした。

反対の鼻でも今までの手順を踏んで準備したのにやっぱりだめで、結局口からの胃カメラになりました。

⑤喉にシュッシュと麻酔液を掛ける

喉にミスト状の麻酔をかけます。

私は鼻から入れた時の麻酔がちょっと効いていたので、少な目にかけてもらいました。

鼻からの胃カメラの場合は、色々手順を踏みましたが、口からの胃カメラの場合この麻酔をしたあと、すぐにマウスピースのようなものを口にくわえて胃カメラになります。

⑥鼻から深呼吸をすれば問題なし!喉を通る時はうどんを飲みこむ気持ちで!

上では「全然大丈夫でした!」

と書きましたが、やはり喉を通るときはオエオエしました。

しかし、看護師さんのアドバイス通り、体の力を抜いて深呼吸すればそれほど辛くありません。

喉をカメラが通るときはオエっとくるのですが、それもうどんを飲み込むような感じにすればそれほど抵抗ありませんでした。

なお、十二指腸まで丁寧に見てもらいましたが、胃が少し荒れているものの特に問題なし!

なーんだ。胃カメラ飲む必要なかったじゃんと思いましたが、不安が解消されたし、胃カメラ体験もできたのでまぁ良しとします。

まとめ

という事で、鎮痛剤などなくても胃カメラは飲めます。

私は、嘔吐反射が激しいタイプらしいのですが、それでも大丈夫だったので「授乳中だから鎮静剤使えないし、胃カメラが不安…」とか思わずに、胃が悪いならさっさと胃カメラをしちゃった方がいいですよ。

胃の不調の原因が不明なまま放置している方が精神的によくないです。

因みに、胃の不調の原因が胃ガンかも…と思っている方で、やはりどうしても胃カメラは嫌だという方には、簡単に検査するキットも売っています。

胃がんや胃潰瘍の原因はほぼ95%くらいはピロリ菌が原因らしいので、やってみてもいいかもしれません。

まぁ、これも病院でやるのが一番いいんですけどね(o^―^o)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする