食費節約のアイデア|我が家は大人2人幼児2人で食費2万円台でした!

今は食費の節約はしていませんが、息子が4歳、娘が1歳の時までは食費2万台で頑張っていました。

今から考えたら、食費2万円台でも頑張ってたなぁ~と感じるので、その時の食費節約のアイデアを紹介いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

食費節約のアイデア(私が食費2万円代でやりくりしていた方法)

安い食材だらけでも、とにかくワンプレートに乗せて見た目を楽しませる

まぁ、家族が見た目を楽しんでくれたかは別として、一応安い食材だらけでも貧相に見えない工夫はしていました。

これは息子ちゃんの食事ですが、ただのから揚げでもこんな感じで並べるとよく食べてくれました。

イロドリは高いプチトマトではなく細切り人参で

残り物の寄せ集めなので内容がとても貧相ですが、いつかのランチの写真です。

肉や魚が見当たりませんが、汁ものが豚汁なのでまぁ良しとしてください。

一応食卓はイロドリが豊かだと美味しそうに見えると思うのですが、赤みを加える際、トマトやプチトマトを毎回の様に使っていると結構高くつきます。

ですので私は人参を細切りにしてイロドリを加えていました。

勿論、栄養面からするとトマトやプチトマトの方がいいとは思うのですが、食費2万円代で頑張っていた時はプチトマトは私にとって高級品だったのでお弁当用に買うくらいでした。

お弁当の食材が無い時はデコ弁でごまかす

これは息子ちゃんが幼稚園に行っていた時のお弁当です。

息子ちゃんが通っていた幼稚園は、富裕層が多く、お弁当の内容も結構豪華だったりしました。

毎日の様にフルーツを別の容器に入れて持ってくる子も沢山いました。

フルーツが安い時期だといいのですが、高い時期などはこのフルーツ代だけで結構お金がかかってしまいます。

ですので、その代り安い材料で出来る簡単なデコ弁を作ってあげていました。

また、下のアンパンマンの飾り巻きは、節分の日のお弁当用に作ったのですが、キュウリが1本80円くらいで高くて買えない時にシャケフレークと卵だけ家にあったのでそれで作りました。

こんな感じで、日々のお弁当はちょっと手間をかけて少しでも安く上がるように工夫していました。

お菓子も手作り

買うと、1個100円くらいするフロランタンも自分で作れば大量にできて安い!

20個300円~400円で出来ます。

という事で手作りしていました。

簡単だし、豪華に見えるのでお友達が遊びに来るときなどに作っていました。

シフォンケーキも同じく安い!

これはバレンタインデーに旦那さんに作ったものですが1台100円くらいで出来るので、この食費節約中はよく作っていました。(苺と生クリームはバレンタインデーなので特別に追加。)

因みに、余った生クリームは冷凍しておいて、フレンチトーストを作った時などにトッピングしていました。

その他にも、パンやピザは自分で焼いたり、色んな工夫をしていました。

しかし、そんな生活に疑問を感じてきた…

繰り返しになりますが、現在は食費の節約をしていません。

それは色んな所に疑問を感じてきたからです

栄養面に問題が…

私はなんでもハマりやすい方なので「食費を節約する!」と目標を立てるとその目標に向かって頑張ってしまうのですが、そのせいで魚やフルーツが食卓に登場する回数がどうしても少なくなってしまいます。

また、質よりも値段を重視してしまうので、国産ではなく外国産の食材の目がいっていました。

牛乳も牛乳に似た“乳飲料”ばかり買っていましたし、肉も安い胸肉の登場回数がとても多くなっていました。

これでは子供の成長にとって良くないですよね。

作るのも、買い物に行くのも時間がかかり過ぎる

確かに、なんでも作ったほうが安く上がりますが、それなりの手間がかかります。

更に、10円、20円でも安く買いたい!と思うと色んなスーパーをはしごすることになったりするのですが、それにも時間が結構かかってしまう。

タイムセールの品質の悪い卵を買う為に行列に並んだりするのがドンドンばからしくなってきました。

ちょっと贅沢品を求める旦那さんに怒りを感じてしまう

毎日、10円20円を切り詰める生活をしていると、旦那さんが何気なく入れたちょっと高めのおつまみなどが許せなくなってきます。

「私はこんなに毎日節約してるのに!」

という気分になってしまいます。

でも、普段頑張って外で働いている旦那さんにそんな事も言えず、もやもやした気分だけが残って精神衛生上よくありませんでした。

そんなに頑張って節約しても、浮いたお金は1万円~2万円

そんな生活を続けていても、結局主婦の節約なんて大した額ではなく、1万円か2万円程度です。

1~2万円なんてちょっと外食をしたり遊びに行ったらすぐになくなってしまいますよね。

思い切って食費予算を6万にして在宅ワークをしたほうが潤った生活が出来るようになった

栄養面を重視して食費を6万に設定

という事で、食費節約生活を辞めました。

こんな生産性の無い生活を続けるよりも自分でお金を稼いだ方がいいんじゃないかと思ったからです。

息子も娘も大きくなって沢山食べるようになったし、3人目も生まれたのでいくら節約しても我が家の食費はどんどん上がっていくでしょう。

という事で、思い切って食費予算を6万円に設定!

今までの2倍以上です。

そして、栄養面を第一に考え、魚も果物も頻繁に買うようになりました。

鶏肉も胸肉ばかりではなく色んな部位を買うようになりました。

かさ増し料理もやめました。

在宅ワークの時間を生み出すためにネットスーパーを活用

在宅ワークをする時間を作る為に、食材はイトーヨーカドーネットスーパーで買うようにしました。

イトーヨーカドーネットスーパーは基本店頭価格なのでそれほど高くありませんが、タイムセールなどには参加できないので、買いに行くよりは少しだけ割高になります(ただ、子供に余計なものを買わせられないので食費節約になる場合も)

しかし、割高になるといってもほんの数百円です。

時間と手間をお金で買ったと思えば安いものです。

便利家電をフル活用

在宅ワークが忙しい時などは、便利家電をフル活用するようになりました。

惣菜などは作り立てが美味しいと思って今まで頑張って作っていたのですが、買ってきたものでもノンフライヤー調理器などで温めるとサックサクでとてもおいしく食べれます。

コロッケなんかは、私が作ったよりも買ってきてこちらで温めたほうが数倍美味しいです。

因みに、我が家が使ってるノンフライヤー調理器はカラーラです。

今日のランチは天ぷらソバなので、海老かき揚げを買ってきました。

それをカラーラでチンすると

網についた油はこんなもんですが

底にたまった油をみるとこんなに!?

という事で、余分な脂も減らせるし美味しいと好評なので我が家では大活躍です。

なお、フライドポテト出来ます。

コチラは自分で揚げたほうがサクサク感がありますが、食卓で1品足りないなというときに重宝しています。

あと、よく作るのは焼き芋ですかね。

塗れたキッチンペーパーで焼き芋を包み、アルミホイルをしてチンすればホクホクのねっとりした焼き芋が作れます。

ただ、カラーラの基本の料理として挙げられるから揚げは、何度作っても上手くいかないので我が家では普通に油で揚げるか、惣菜のから揚げを温める用に使ってます。

私がやっている在宅ワーク紹介

こんな感じで、時間を節約し、その分在宅ワークの時間に費やしました。

そのおかげで、今では食費を気にすることなく生活でき、家族の健康面もバッチリです。

どんな在宅ワークをやっているのか気になる方は以下の記事を参考にして下さい。

「ただの主婦が1日1時間の作業で月10万!」などという甘くて怪しい話ではありません。

高い情報商材を売りつける気もないので宜しければ覗いてみて下さい。

私は在宅で収入を得ています。 この様に書くと、やっぱり気になるのは収入ですよね。 在宅ワークに興味があっても、実...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする