家事をしない妻の対処法

仕事でお世話になっているAさんと雑談をしている時に

Aさん
うちの妻は専業主婦なのに全然家事をしないんです
という話になりました。

1人息子は5歳になり手が離れてきているのに、食器も洗濯物も常に山積み。

その状況を見るに見かねて自分が家事をするが、残業が多い仕事なのでなかなかそれも出来ない。

仕事が休みの日は子供と遊びたいが、家事に追われて休日がつぶれてしまう。

自分が家事をしている間は、妻もなんとなく家事をやっているふりをするが、効率が悪すぎてイライラする。

しかも、ちょっとご飯を作るだけなのに何時間もかかっている。

子供が成長期だし、自分もそろそろ健康に気を付けないといけない年齢なので、もう少し栄養面も気にして欲しいが冷凍食品が頻繁に食卓に登場するのも不満だそうです。

妻は「忙しいから平日は家事が出来ない」と言うが、録画したドラマを毎日のように何本も見ている形跡があり、どう考えても忙しいとは思えない。

あまりに酷いので、喧嘩になるたびに「あなたには私の気持ちは分からない」と言って拗ねて言い争いになってしまうそうです。

Aさんは離婚も視野に入れて悩んでいるという事でした。

Aさん
自分が何を言ってもどうにもならない。良かったら3児の母で仕事もしているコジママさんから何か言ってやってください

と言われました。

『マジか~正直めっちゃメンドクサイ」

と思いながら、何かのネタになるかなという思いもあり、とりあえず取材という名目でウチに遊びに来てもらう事になりました。

勿論、「家事をしない専業主婦」の取材ではなく、「美魔女(奥様はとてもきれいな方です)が使用している化粧品」の取材という事にしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

家事をしない妻の対処法

一応、名目上は化粧品の取材ですので、それなりの事を聞きました。

そして形だけの取材を終えて、雑談をしました(本当はこっちが目的)

こじママ
今日はお忙しいところありがとうございました。わざわざ家まで来ていただいて申し訳ありません。0歳児がいるもので、なかなか外で取材が難しいんです。
Bさん
いえいえ、息子も手が離れていますし、仕事もしていないので暇なんです

おいおい、やっぱり暇なんじゃん…
と思いましたが、まぁそれはとりあえずスルー

こじママ
ゆっくりした時間があるのはうらやましいです。本当だったら家事にもっと時間を割きたいのですが、育児と仕事に追われてなかなか細かいところにまで手が回らなくって…
Bさん
えーでも、お部屋とっても綺麗ですよね。とても3人子供がいるとは思えない…我が家は5歳児1人なのに散らかり放題で…
というか、私あんまり家事が得意じゃなくて、やろうとしてもやり方が分からないので途中で嫌になっちゃうんですよね

Bさんによると、Bさんのお母さんもあまり家事が上手ではなくどうすればいいか分からないという事でした。

自分的には部屋が汚れているのも気にならないし、食器が積みあがっていても問題ないそうなんです。

だって、実家がそうだったから。

でも、そのことを夫がよく思っていない事も知っている。

だけど、そもそもどーすればいいか分からない…という事でした。

『分からなければ自分で調べたらいーじゃん』『夫がよく思っていないのは置いといて、子供の健康を考えたら掃除と食事はちゃんとやろーぜ』と心の中で毒づきながら、いくつか今の状況改善の為の提案をしてみました。

提案1:便利家電をフル活用

こじママ
私は食洗器と洗濯乾燥機をフル活用して家事の負担を減らしていますよ。使用済みの食器は桶に浸けおきしておけば後で食洗器に入れるだけで綺麗に洗えますよ。

食器を食洗器にセットする時間なんて5分あれば十分です。

洗濯物も皺になるもの以外は全部洗濯乾燥機にいれておけば柔軟剤なんてなくてもフワフワです♪

Bさん
食洗器は買ってもらったんですが、思ったより汚れが落ちない気がしてあまり使っていませんでした。でも、最初に桶につけておけばいいんですね。
こじママ
米粒がついた茶碗やカレー皿なんかはスポンジで軽くこすりますが、あとはポイポイ入れればいいだけですよ。入れ方を工夫すればかなり入りますしね。
Bさん
食器洗いと洗濯はクリアできそうです。でも、私は掃除が一番苦手で…なんか非生産的な行動な気がしてどうしても好きになれないんです。もちろん埃だらけの家だと体に悪いにはわかってるんですが…
こじママ
あとはルンバとかに任せておけばいいんじゃないですか?拭き掃除をしてくれるブラーバというお掃除ロボットもありますよ。我が家の場合は子供達にやらせてますが。子供達にスティック掃除機を持たせると楽しんでやってくれますし、雑巾がけも競争しながらやってますよ。
Bさん
お掃除ロボットか~でも、あれって床が片付いていないとだめですよね。我が家は床におもちゃや物が散らかり放題なんです。掃除で何が嫌って、それを片付けるのが嫌なのかもしれません
こじママ
うちは、必要最低限のモノしか置かないのであまり散らかりませんよ。子供の物はさすがに散らかりますが、それは子供達に片づけてもらいます。片づけないと容赦なく捨てますよ~

どうやらBさんは捨てられない性格でもあるようなので、断捨離の本も勧めておきました。

それにしてもこの人、出来ない理由を見つけては言い訳するタイプだなぁ~

苦手だなぁこういう人…

と思いながらも、お世話になってるAさんの為にガンガン突っ込んで話をする事にしました。

提案2:料理が苦手でも、家族の健康は大事!調理が簡単なキッドを使ってまずはお料理に慣れてみては!?

Bさん
食事を作るのも苦手です。というか、何時間もかけて食事を作るのに10分くらいで食べ終えてしまうとむなしくなって作る気がおきません

『食事を作るのに、何時間もかかるのか…しかも10分で食べ終えちゃうって、食事中に会話はないのか?丼ものとかの1品料理しか作らないのか?』など色々疑問に思いましたが、とりあえず私の意見を言ってみました。

こじママ
食べるのは10分だとしても、その食事は家族の体を作るものだし、美味しいご飯を食べることは家族の心の健康にもつながるので、私はあまりむなしいと思ったことはありませんよ
Bさん
なるほど、そういう考えなんですね。ですが、やっぱり面倒です
こじママ
じゃあ、短時間で出来るお料理キッドを注文してみては!?ちょっとお金はかかりますが健康的な食事が20分くらいで出来ますよ。買い物に行く手間も省けますしね

ということで、取り合えずおいしっくすのkit Oisix(きっと、おいしっくす)
食材宅配のヨシケイ
を紹介しておきました。

もう、この人だったら、これさえも面倒に感じるんだろうな…と思ったんですが、子供もいるしこれくらいはやらないとね。


kit Oisix(きっと、おいしっくす)

食材宅配のヨシケイ

提案3:月に3万稼いで、そのお金で週に1回家事代行サービスを頼んでみては!?

こじママ
私の友達で、家事が苦手な人がいるんですがその方は月に3万稼いでそのお金で家事代行サービスにお願いしているそうです。彼女にとってはその方が楽ちんなんだそうですよ 
Bさん
あ!それいいかも!私も外で働くのは大好きです。それで家事から解放されるならお願いしてみようかな…稼いだお金がそれに消えていくのは少し寂しい気がしますけどね…(=_=)
こじママ
確かにそうですよね。でも、時間を持て余しているなら、そういうのも一つの手ではありますよね(o^―^o)

ということで、私が今まで利用したことがある家事代行サービスである以下の2社を紹介しておきました。

私は家事がそこまで苦痛では無いのでお試しだけの利用ですが、仕事が本格的に忙しくなったらもう一度お願いしようと思っています。

【家事代行サービスのキャットハンド】


お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy

その後

Bさんは、家事をやらないというより、家事の効率の良いやり方を知らないという感じでした。

時間だけが掛かって、そのうち嫌になってしまう…という負のスパイラルに入っているようでした。

でも、夫に離婚を考えらえるまで追い詰められているなら、どうにかしないといけないですよね。

便利家電を使うのも、宅配食材を使うのも、家事代行サービスを頼むのも少々お金はかかりますが、そのようなサービスに助けを借りて徐々に家事に慣れていけばいいのではないでしょうか?

その後、Aさんとまた仕事でお会いした時にBさんの様子を聞いてみました。

Aさん
仕事を初めてイキイキしてきました。

元々外で働くのが好きなので、自分の力を発揮できる場所が出来てうれしそうです。

その分浪費も激しくなりましたが…

なんか便利家電にハマって、あれやこれやと買っています。

仕事をしているのに、家事は今までよりも捗っていて助かってはいますが…

あと、土曜日は家事代行の方が2時間来てくれるので、僕が家事をしなくてもよくなったのはうれしいですね。

ただ、便利家電と家事代行のお金で妻の給料はすべてそれに吸い取られている気がします。

まぁ今は許していますが…この浪費生活に慣れさせてしまうと将来がちょっと不安です。

しばらくしたら、家計管理の方も教えてやってください

マジか~

というか、家計管理はその道のプロの人に頼んでよ~

でも、なんだかんだ言って、私が提案したことをそのまま実行してるんだな。

なかなか素直でいいやつじゃん。

とりあえず離婚は免れたようで良かったです。

まとめ

「家事をしない妻 対処法」などのキーワードで検索して検索してこのブログに来てくださった方は、ぐうたらな妻に手を焼いている方だと思います。

もし、そのせいで離婚まで考えているようであれば、「家事はしなくていい。プロに任せればいいんだから。その分稼いで来い」と言ってみたらどうでしょう。

外で働きたくない妻なら必死で家事をするかもしれません。

Bさんのように根っから家事が好きでは無くて、外で働く方が向いている人であれば嬉しい提案になるかもしれませんよ。

まぁ、また「あなたには私の気持ちは分からない」と突っぱねられる可能性もありますが…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする