子供の縮毛矯正はいつから出来るの?

我が家の娘ちゃんはくりくりのクセ毛です。

私は、娘ちゃんの雰囲気に合ってて可愛いと思うのですが、本人は「かわいくなーい。まっすぐがいい~」と言っています。

 

今は色々アレンジして可愛くしてあげているので、本人はそこまで気にしてはいないのですが、小学校に上がるくらいになると絶対「お母さん、なんでストレートに産んでくれなかったのよ~」と言われるだろうなと思います。

 

そこで私がお世話になっている美容師さんに、子供の縮毛矯正はいつから出来るか聞いてみました。

宜しければ参考にしてください。

子供の縮毛矯正はいつから出来るの?

美容師さん「じっと座っていられるなら幼稚園からかける子もいますが、せめて小学校高学年まで待つのをお勧めします」

私の通っている美容院には幼稚園の子供も縮毛矯正に通っているそうです。

しかし、美容師さん曰く、そんなに幼いうちから縮毛矯正をかけるのはお勧めしないそうです。

理由は以下の通りです。

縮毛矯正は時間がかかる

縮毛矯正となるとかなり時間がかかり、その間ずっと座って慣れなければいけません。

くせ毛の度合いにもよりますが、大体2時間くらいかかるので、幼稚園くらいの子だと疲れてしまいます。

私の通っている美容院では、待ち時間にDVDなどを見せて気を紛らわすようにしているそうですが、それでもじっとしているのが苦痛になる子は多いそうです。

パーマ液の臭いに耐えられない子も多い

更に、幼い子は臭いに敏感なので、パーマ液の臭いで気持ち悪くなってしまう子もいるそうです。

薬剤アレルギーを発症する恐れがある

女性はホルモンバランス等が高校生くらいまで不安定です。

その時期に強い薬剤に触れるのは本当は避けたほうがいいそうです。

縮毛矯正が原因で薬剤に対するアレルギーが発症したりする可能性もあります。

紫外線によるシミと同様 その時何ともなくても、後々頭皮の炎症につながったり 逆に乾燥肌になり フケが常に目立つ等そういう事のきっかけになる可能性もあります。

また、頭皮を痛めることによって、毛穴が変形してしまって元々の癖が余計ひどくなる事もあります。

それくらい、幼い子の頭皮はデリケートなのだそうです。

勿論、コスト面の問題もあります

その上、一度縮毛矯正をかけてしまうと、結局ずっとかける事になってしまいます。

ひどいくせ毛じゃない限り、その癖を生かしたアレンジも出来ますが、まっすぐにしてしまうと少しのうねりでも目立ってしまいます。

その為、根元がうねってくるタイミングで繰り返し縮毛矯正をかける事になり、そうすると、美容院代もバカになりません。

縮毛矯正をかける前にシャンプーやトリートメント、低温アイロンなどで髪質改善してみては?

お話を聞かせていただいた美容師さんが言うには、幼いこの場合、簡単に縮毛矯正という道を選ば、まずは他の方法で髪質を改善する方がいいと言ってました。

という事で、ここではお勧めのトリートメントやシャンプー・ストレートアイロンをご紹介いたします。

シュクルンヘアストレート

美容師さんにお勧めされたのはシュクルンというくせ毛用のトリートメントです。

強い薬剤を使っていないので、子供の頭皮にも安心ということです。

早速買ってみました。

説明書にはストレートコート成分でうねった髪を真っすぐに導くと書いてありました。

因みに、これが寝起きの娘ちゃんの髪の毛。

思いっきり爆発しています。

シュクルンを髪全体に付けてブローするとこんな感じになりました。

ストレートではありませんが、だいぶ落ちつきました。

ストレートアイロンの方がまっすぐになりますが、家のアイロンでストレートにするとキシキシになって可愛くありません。

これなら、クセ毛の良さも出るし、扱いやすい髪の毛になるのでいいかもしれません。

 

試しに2つに結んでみました。

すると、おおおお!

今まで娘ちゃんの髪では見た事が無かったキューティクルが出現!!!Σ(・□・;)

 

これにはちょっと感動!

娘ちゃんの髪はカールが強すぎて、今まで結んでもぼこぼこしていたんですが、潤いを与えた事によってはじめてキューティクルが出現しました。

 

髪質にもよるかもしれませんが、うちの子には合ってると思うので、続けてみたいと思います。

⇒シュクルンヘアストレートの詳細はこちら

クイーンズバスルーム

色々くせ毛について調べている人ならクイーンズバスルームという名前のシャンプーをご存じの方がいるかもしれません。

楽天市場でもとっても人気で水のチカラでくせ毛を変えるシャンプーとなっています。


5日間お試しセットで1200円。

子供の髪に出すのは高いなと感じますが、一度試してみようと思います。

レビューは後日アップします。


⇒クイーンズバスルームの5日間お試しセットはこちら

ヘアビューロン

また、シャンプーやトリートメントでは伸ばしきれない強いくせ毛にお勧めなのはヘアビューロンというヘアアイロンです。

私もヘアアイロンを持っていますが、高熱で使うたびに髪が傷んでいるような気がします。

娘の髪もたまにヘアアイロンで伸ばしますが、キシキシしたような髪質になってまい、伸びるには伸びますが綺麗ではありません。

しかし、ヘアビューロンは独自のテクノロジーにより髪が痛むのを防ぎ、美しい髪に導くんだそうです。

これはちょっと高い買い物になるので、購入するかどうか悩んでいますが、もし購入すればこちらでレビューを書かしていただこうと思います。

⇒リュミエリーナ ヘアビューロン

まずは、くせ毛を否定せず、扱いやすい髪にして個性を認めてあげたい

私もくせ毛で悩んだ過去があります。

娘ほどは強くありませんが、大きくうねって、どうやっても髪の毛がまとまりません。

その為、ストレートヘアの子がとてもうらやましかったのを覚えています。

梅雨の時期は特にクセが強く出るので、それだけで学校に行きたくなかったし、卑屈になって親を恨んだりもしました。

しかし、今になって思えば、自分の個性を否定するんじゃなくて、それを上手く生かして自分を素敵に見せる術を知ってたら少しは違ったんじゃないかなと思います。

くせ毛の子は、思春期になると一度は縮毛矯正をしたいと言い出すと思います。

しかし、縮毛矯正のリスクもしっかり伝え、まずは自分の髪の癖を生かして素敵になる方法を探ってみるのもいいのではないでしょうか?

ただ、くせ毛がいじめに繋がったりして本当に深刻に悩んでいる場合は、縮毛矯正も考えてあげてもいいかもしれませんね(o^―^o)

 

コメント