完全母乳なのに痩せない原因(3児の母の勝手な見解)

私は3人とも完全母乳です。

(3人目は現在授乳中)

3人出産しているので変動がありますが、身長158㎝で基本の体重は46~48㎏くらいです。

体重だけ見ると軽く見えますが、おっぱいが可愛そうなほどぺったんこなので見た目は普通です。

3人目妊娠前はこんな感じ。

そんな私ですが、妊娠中は毎回 母子手帳に「体重注意」のハンコを押されていました。

時には別室に連れていかれて助産師さんにお説教を食らったり…(渡辺直美さんみたいな助産師さんだったので体重に関してどうこう言われても説得力はなかったけど…)

そんな私の体重変化はこんな感じ↓

私の体重変化

長男妊娠前47㎏

臨月+14㎏

産後半年で48㎏

長女妊娠前48㎏

臨月+14㎏

産後3ヶ月で46㎏

次男妊娠前48㎏

臨月+9㎏

産後3ヶ月で46㎏

いつも増えはしますが、きっちり戻っています。

2人目、3人目出産後に至っては、妊娠前よりも痩せました(3人目を妊娠するまでに48㎏までもどりましたが…)

これもやっぱり完全母乳育児のおかげかなと思っています。

しかし、私の周りには完全母乳にも関らず体重が減らないと悩んでいるママ友が沢山います。

私の幼馴染なんかは、授乳中にどんどん体重が増え、気が付いたら「臨月の時と同じ体重になっていた(;´Д`)」と言っておりました。

長男出産から7年、そんなママ友たちと接しているうちに、完全母乳にも関らず痩せないのはコレが原因じゃないかなぁと思う事が沢山ありましたので書き留めておきます。

痩せないと言っているママ友たちに「あんた、こうだから痩せないのよ」とは口が裂けても言えないので、ここで吐き出させていただきます。

気に障っても、怒らないでくださいね。

これは私の勝手な見解です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

完全母乳なのに痩せないのはコレが原因じゃない?(3児の母の個人的な意見)

食欲に任せて食べ過ぎている

授乳中の食事は通常の食事+600キロカロリー

完全母乳だと本当にお腹が空きます。

現在授乳中の私も常に空腹で頻繁に冷蔵庫をパタパタさせています。

しかし、当然のことながらその食欲に任せて食べていると体重は減りません。

完全母乳育児をしている場合、1日に通常の食事+600キロカロリーと言われています。

それ以上食べてしまうと痩せるどころか太ってしまいます。

育児に忙しくお腹がすいたらついつい炭水化物に手が…

育児中はとにかく慌ただしいです。

始めての赤ちゃんの時は、慣れない育児でバランスのいい食事を作るのも一苦労だし、2人目以降だと、上の子の相手をしながらなのでとにかく時間が無い。

そんな時、手軽に食べれるのが淡水化物です。

パンやおにぎり、バナナなんかは調理しなくてもサッと食べれますしね。

「お米なんかは母乳の出も良くなるって言うし~♪」とバクバク食べてしまいがちですが、この行動には注意が必要!

“やめられない止まらない~♪”に陥る可能性大です。

私は、どうしてもお腹が空く時は量をしっかり決めて食べた上に、最後に暖かい飲み物を飲んで空腹を紛らわしています。

因みに、私の場合はこちらの三十雑穀を多めに炊いて1食分ずつ冷凍しておいて、どうしても空腹になった時はこれをおにぎりにして食べています。

また、最後に暖かい飲み物に同じショップの「みらいのしょうが」を入れて体を冷やさない様にしています。

勿体ないからと子供の食べ残しを食べてしまう。

これもついやりがちですが、子供が食事やおやつを残した場合ついつい食べ残しを手を付けてしまう方がいます。

特に外食時によく見かけます。

例えば、上の子を連れてマクドナルドに行った時、子供がハッピーセットのポテトを残したとします。

しかし、マックのポテトはSサイズでも232㌔カロリーあります。

しかも母乳にも良くないですよね。

この様な場合は、もったいないと思わず残しましょう。

残すのは罪悪感に感じるかもしれませんが、必要ない食事を無理に食べることは胃に食べ物を捨てている事と一緒です。

それでも勿体ないと感じる場合は、自分の分は注文しない事です。

私は子供が結構大きくなるまで自分の分は注文しませんでした。

(1人1品頼むのがマナーのお店の場合はほんの少しだけ注文しますが)

節約にもなって一石二鳥です。

母乳の出が良くない

母乳育児をしている方の中には、母乳が出にくい方もいます。

(私は逆で圧乳気味で、出すぎて大変なタイプでした)

母乳が出にくい方は、ビュンビュン出る方に比べると消費カロリーは少なくなります。

ですので、「完全母乳なのに痩せない…」という方はこのケースの場合があります。

母乳が出にくい原因は様々ですが、主に授乳回数・ママの食事を含む生活習慣・精神的な問題だそうです(産後お世話になって助産師さん談)。

更に出産時の出血が多量で血液が少なくなっている、貧血になっている

また、冷え性から母乳不足となる場合、睡眠不足、母体の乳腺の発達が悪い場合なども、母乳が不足する、分泌量が少なくなってしまう原因としてされています。

ですので、まずは母乳の出が良くなるように原因と考えられる事を探し、母乳の量を増やす事が大切です。

一番やってはいけないのが母乳が出にくいからといって、栄養を考えずに食事量を増やす事だと思います。

確かに、エネルギーが足りなくて母乳が出にくい方には有効かもしれませんが、これだと痩せるどころか太ってしまう可能性大です。

まずは、授乳回数を増やし、体にいい食事を心がけ、精神的なストレスとなる原因を排除していくことから始めるのがいいのではないでしょうか?

因みに、母乳の出が良くなるお茶などを試してみるといいかもしれません。

私は特別母乳の出を意識したわけではありませんでしたが、妊娠中からコーヒーの代わりにタンポポコーヒー(お茶です)を飲んでいました。

あとから調べると、タンポポ茶は母乳の出が良くなるそうですよ。

私がジャンジャン母乳が出たのもそのおかげかな?

私は楽天で適当に買ったのですが、ママ雑誌に載っていてレビューが良かったタンポポ茶を掲載しておきますね(o^―^o)

めぐりが良くなって、冷え性改善にもいいらしいですよ。

宜しければ参考にしてください。



骨盤が緩んでいる

産後、骨盤をきっちり締めておかないと代謝が悪い体になりますし、仮に体重が落ちても体型が崩れてしまいます。

私は、3人とも出産直後分娩代でトコちゃんベルトで骨盤を締めました。

結構みんなやっている方法だと思っていたのですが、ママ友にリサーチするとやっていない人が沢山いました。

更に骨盤ベルトの存在を知らない方もいてビックリしました。

これをやるのとやらないのでは全然違うと思うので、帝王切開の傷が痛くてできないなどという理由が無い限り使ったほうがいいと思います。

なお、私は1人目の時は床上げと同時にトコちゃんベルトを使わなくなってしまった為、どんどん骨盤が開いてきてしまったので、2人目は頑張って2ヶ月付けました。

更に+αで骨盤おしりリフレで定期的に骨盤ケアをしました。

コレ、すっごい人気で新製品が出るといつも予約待ちになります。

…と家電俳優の細川茂樹さんが「ヒルナンデス」で言っていました。

おかげで体重も戻り、更に骨盤もキュット締まりお尻が一回り小さくなりました(o^―^o)

詳しくはこちらにも書いてあります

妊娠前、私の体重は158㎝、48㎏でした。 1人目、臨月までに14㎏太りました。 産後1ヶ月であと3㎏のところまで戻り、産後3ヶ...

水分バランスが崩れてしまい浮腫んでいる

授乳中は体の水分バランスが崩れやすくなってしまいます。

授乳中はのどが渇くので、私も水やお茶をがばがば飲んでいました。

しかし、必要以上の飲んでしまうと水分バランスが崩れ浮腫みやすくなってしまいます。

そこで私は妊娠中や授乳中にも飲めるというするるのおめぐ実というサプリを飲んでいました。

2人目、3人目妊娠中に外陰部に静脈瘤が出来てしまったのでその対策の為に飲んでいたのですが、産後もむくみが気になるときは利用していました。

浮腫みをそのままにしておくと、脂肪を貯めこみやすい体になってしまいます。

その日の浮腫みはその日のうちに解消できるような対策をすることが重要なんじゃないかなと思います。

「運動する時間が無い」と言って諦めてしまっている

知恵袋などを見ていると、「運動する時間が無いから痩せない」という方がたまにいますが、そもそも育児中はみんな時間がありません。

私に至っては、3人の育児+家事+在宅ワークなので本当に分刻みのスケジュールだったりします。

しかし、そんな中でもパソコンをする時は内転筋が鍛えられるように内股に力を入れたり、幼稚園のお迎えの時は早歩きで骨盤を意識しながら歩いたり、子供たちを公園に連れて行ったときは自分も立って待ってるだけじゃなくて、子供達と一緒に遊んだり、ストレッチをしたりしています。

ジムに行く暇なんてないし、産後ダイエットのDVDを見ながら運動…なんて時間もありませんが、普段の生活で筋肉を意識するだけでだいぶ違うと思います。

時間が無いのはみんな一緒なので、気持ちを切り替りかえて普段の生活習慣を見直してはいかがでしょうか?

まとめ

育児中はストレスが溜まります。

そのせいでどうしても食欲は増してしまいますし、必要以上に動くのも億劫になってしまいます。

しかし、元の体重に戻らず、それがストレスの原因だとしたら、やっぱりそれは改善すべきです。

ここでは私の経験を元に好き勝手に書きましたが、自分に合った方法を見つけて、ぜひベスト体重に戻してくださいね(o^―^o)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする