予定外の3人目妊娠で中絶を考える人はこんなに多い!?このブログの検索結果から見えてくるもの。

3児の母になったコジママです。

3人産んだ現在は、今の家族形態がしっくりくるのですが、

妊娠発覚時は3人目は予定外だったのでとてもうろたえました。

先日、その当時の事を思い出し こんな記事を書きました。

3人目の妊娠が発覚した当初の事を書いておきたいと思います。 この様な記事を書こうと思ったきっかけは、私の様に思いがけない妊娠で家族計画...

すると、この弱小ブログのアクセスが急に増えました。

さて、どんな検索キーワードでこのブログに訪問して来てくれているのかなと思って見てみると

なんと、一番検索数が多いのは「三人目 中絶」…

途中「袋が見えないゴミ箱」というキーワードで検索してくれる人を挟んで、その後もネガティブキーワードの嵐。

更に下を見てみても、状況は変わらず…

更に、「3人目を中絶して良かった」方の体験談を探している方もいます。

「3人目」という事は、既に結婚していてパートナーがいる状態がほとんどですよね。

既婚の方にとったアンケートでは、「子供は2人以上が理想」と答える方がほとんどだそうです。

なのに、3人目となるとこんなにネガティブなキーワードが並びます。

この記事では、この検索キーワードから見えてきたものをまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本で3人子供を産み育てるという事

3人目の妊娠で中絶を考える方の多くは経済的問題で悩んでいる場合が多い

色んな掲示板を見て検証したところ、3人目出産を悩んでいる方は経済的な面を心配されている方がほとんどでした。

「経済的に苦しいのに3人目を妊娠してしまった」

「3人目妊娠したけど、経済的不安から夫が出産に反対している」

「夫の年収が低くて私が仕事を辞められませんが、予定外の妊娠をしてしまった…」

などです。

中には

「せっかく上の子の手が離れてきたのに、またイチからの育児は辛い」

「高齢なので出産が不安」

「仕事復帰したばかりなのに、また妊娠出産でキャリアを捨てるのがつらい」

というものもありますが、やはり圧倒的の多いのが経済的な問題です。

もともと子供3人が希望のママも経済的な問題であきらめている

予定外の3人目妊娠で、産もうかどうか悩んでいる方もいますが、もともと3人目希望のママも結構います。

しかし、やはり経済的理由で3人目をあきらめている方が多い事多い事…

今の日本は1人子供を育てるとなると養育費と教育費で2000万~3000万かかると言われています。

確かに家族計画をする上で自分たちの年収や貯金を照らし合わせると3人目を諦めざる負えない状況も多いと思います。

3人目を生む世帯には、もっと手当を手厚くしないとどんどん人口は減っていっちゃうよ!

少子化少子化って言われてますが、産みたい人はいるんです。

でも、経済的理由で産めないんです。

「女性の晩婚化が進んでるから…」とか「草食男子が増えているから…」など少子化の原因は色々挙げられてはいますが、もうそこをどうこう言うよりも、産みたい人に産ませてあげられる社会になんでならないの!?と憤りを感じます。

年寄りに無意味にお金を配ったりするより、「子供は1人より2人より3人産んだ方がお得!」っていう制度をもっと増やせばいいんじゃないかなぁと思ってしまいます。

(不妊の方の反感を買いそうですが…)

児童手当があるじゃない…と言われるかもしれませんが、児童手当やちょっと税金が優遇されるぐらいじゃ全然足りませんよね。

だって、こども1人育てるとなると出費は増える上に収入が減る場合だってあります。

専業主婦なら関係ないですが、保育園が見つからず仕事を辞めないといけなくなった人もいます。

また、1番下の子が幼稚園や小学校に入ってからパートでも…と考えている人だって働きに出る時期が遅くなります。

私の住む地域は3人目だと保育料が無料…という制度もあるのですが、それだって小学校2年生までに3人いないといけないという謎制度。

上の子と年が離れていると意味ないんです。

3人産んでる事には変わりないのに何で?と思ってしまいます。

しかも、児童手当だって我が家は所得制限に引っかかり1人当たり5000円に減額されています。

医療費助成の件だって、私の住む地域は所得制限が厳しすぎてほとんどのサラリーマン家庭が普通に払ってますよ。

おいおいおいおい、頑張って働いたのに減額されるってなんやねん。

そりゃ、世帯年収300万の家庭よりは余裕があるとは思いますが、その分税金もめちゃくちゃ取られてるんですからね!

旦那さんも残業、残業!私も睡眠時間削って働いてやっと得たお金なんですよ!

子供にかかるお金くらいもう少し出してくれたっていいじゃん!

国も もうちょっと子育てに協力してよ!

と思っちゃいます。

そりゃーもう一人子供増やすとなると考えちゃうよ!

…といつの間にか愚痴になっちゃいましたが、やはり今の日本では子供を3人育てていくのは大変な事です。

国が助けてくれないなら、自分たちでなんとかするしかないよね

3人育てるには世帯収入がいくらあればOKか確認しましょう

「経済的に不安…」と言っている方の中には、ただ何となく不安だと思っている方が大半だと思います。

まとまったお金がいつ必要になるのか?

どれぐらい貯蓄しておけばいいのか…などを把握しておく必要があります。

という事で、私は格安でライフプランニング表を作っていただきました。

これによってだいぶ不安が解消されました。

我が家の当初の家族計画では子供は2人でした。 旦那さんは子供は多い方がいいという考えでしたが、私は体力的な面からも経済的な面からも3人...

将来の為に収入を増やしましょう

とにかく、今の時代は子育てにお金がかかります。

いくら節約してもそれは微々たるものです。

私は2人目が1歳になるまで超節約生活を頑張っていましたが(食費は2万円代でした…)、魚や果物を買う頻度が減り栄養面も気になるし、自分の病院代をケチったりして逆に体調を崩してしまい、大変な目にあったりもしました。

しかし、認可保育園は入れないし、無認可保育園に入れると料金が高すぎて意味が無いし…ということで、私は在宅ワークを選びました。

もし、少しでも収入を…という方がいれば私のような働き方もありますよ。

宜しければ参考に…

私は在宅で収入を得ています。 この様に書くと、やっぱり気になるのは収入ですよね。 在宅ワークに興味があっても、実...

まとめ

日本では一般的な避妊方法であるコンドームは、実は正しく使っている場合でも95%の否認率です。

本来ならピルとの併用で否認率を100%に近づけることが出来るのですが、日本でのピル服用はいまだに一般的になっていません。

ですので、避妊していたつもりなのに妊娠してしまったという方も沢山いると思います。

妊娠自体は悪い事では無いですし、中絶もやむ負えない場合もあると思います。

しかし、その理由が「経済的な理由」だった場合、とても悲しい事だなと思います。

もし「産みたい」という意思があるなら…そして それが経済的な理由だったとしたら、それをクリアにしていく努力をしていきませんか?

「意志あるところに道は開ける」byリンカーン

ドラマで知った名言ですが、結構気に入ってます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. みっき より:

    こんにちは。
    みっきと申します。

    4歳と1歳9ヶ月の男の子2人の母親です。
    仕事をしながら子育てをしております。

    4月に職場復帰し、今まで適当に働いていた私ですが
    新しい職場で新しい仕事を見つけ、
    これから頑張って行こう!と本気で思っていた矢先、、、

    生理が来なくなりました。。。

    男の子2人だし、
    手がかかるので子供は2人でいい。
    この2人に愛情を注ぐ!
    仕事をがんばる!
    育児が大変で冷たくしてきた旦那のことももっと大切にする!

    色々決意したところでした、、

    3人目の中絶を視野に入れたとき出会ったのがこのサイトでした。

    とても忙しい旦那にはまだ話せておらず
    誰にも話さずこっそり中絶しようか、、、、
    本気で悩んでおります。
    仕事も育児も手につかない状態です。。

    どうか私にアドバイスをお願いいたします(;o;)

    • こじママ より:

      みっきさま
      メッセージありがとうございました。
      お気持ちお察しします。
      私も3人目の妊娠が分かった時は悩み過ぎて鬱状態になりました。

      妊娠中も何度も何度も間違いであってほしいと願いました。
      「産む」と決めた後も、妊娠による不調を感じるたびに、そういう思いになり、自己嫌悪に陥りました。
      こんな事ばかり考えて最低な母親だ。
      こんな母親から産まれた来た子は可哀想だと思って何度も涙しました。

      しかし、第3子が1歳3ヶ月になった今、あの時中絶しなくて良かったなと本当に思います。
      やはり我が子は本当に可愛いです。

      しかし、残念ながらみっき様が今後どうするかについては私にはアドバイスできません。
      私が軽はずみにアドバイスしていいものではないと思うからです。

      私が今、第3子を産んで良かったと思うのは、経済的にそれほど困っていないからかもしれませんし、上の子たちがある程度手がかからなくなったせいかもしれません。
      また、私がしている仕事は在宅なので、仕事をあきらめたりする必要が無いからかもしれません。

      ただ、私も鬱状態の時、3人子供がいるママを見つけては相談していたのですが、
      みんな口をそろえて言うのは「大変だし、妊娠が分かった時は焦ったけど、産んでみるとこの子がいない事は考えられない」と言っていました。

      旦那様がお忙しいという事で、相談できない事情もお察しします。
      私の主人もかなり忙しく、重要な事がなかなか話せずため込んでしまうことが良くあります。
      しかし、やはり時間を見つけて2人で話し合う事は大切です。

      また、「生理が来なくなった」と書いてありましたが、まだ病院には行かれてないのでしょうか?
      だとしたら、早めに病院に行ってみて下さい。
      そしてきちんと確認してもらうことが大切です。
      妊娠していても、心拍が確認できずにそのまま流れてしまう事もあります。

      まず、事実をしっかり確認したうえで、自分はどうしたいのか考えるのが大事だと思います。
      きれい事や正論はとりあえず無視して本当の自分の気持ちをゆっくり考えて下さい。

      たいした事が言えず申し訳ありません。
      何をアドバイスしたらいいか考えて、何度も書いて、何度も消して…を繰り返したのですが、結局このような一般論しか言えませんでした。

      ただ、どういう判断をしたとしても、後悔の無いようにじっくり考えてくださいね。

      • みっき より:

        お早いお返事ありがとうございます。
        同じような境遇に気持ちを察していただけると思い相談させていただきました。
        暗い気持ちになってしまうにもかかわらず
        温かいお言葉本当にありがとうございます。

        まだ生理予定日を
        一週間ほど過ぎただけですので
        考え過ぎかもしれませんが

        2度の妊娠を経験しておりますので
        なんとなくお腹の痛みや眠気で生理が来ない感じがわかります。。。

        旦那とは話す機会を作りたいのですが
        大事な試験を月末に控えており
        頭を抱えさせるのはどうかと思い、
        相談できずにいます。

        これを機に在宅ワークを始めてみようかとも思っておりますが
        何から手をつけて良いのかもわからず。
        こじママ様の生き様を参考にさせていただきたいです!

        公の場で自分の状況や気持ちをさらすのも悲しく、、、
        詳しく話せませんが
        3人目に対しての悩みがたくさんあります。。

        こじママ様の人柄の良さを身に染みてかんじます。
        本当にありがとうございます。
        こじママ様の人生から学ばせて頂きたいです。

        他サイトものぞかせて頂きたいのですが
        リンクやページを紹介しているところはありませんでしょうか。

        • こじママ より:

          確かに、2度の妊娠を経験していると、自分が妊娠しているかどうかわかりますよね。
          私もそうでした。

          また、旦那様になかなか相談できない事情も分かります。

          私の場合はこらえきれず泣きながら話してしまいましたが…(;´Д`)

          あと、大変恐縮なのですが、私の運営サイトは公開しておりません。
          以前はこっそり教えることもあったのですが、一度トラブルがあったので辞めました。

          お気を悪くされたら申し訳ありません。

          なお、在宅ワークに関してはお勧めしたいのですが、最近本当に進めていいのかどうか悩んでおります。

          というのは、在宅ワークは成功すればいいのですが、なかなか成果が出ないと時間を浪費しただけになってしまうかな…と思うからです。

          私は、色々在宅ワークをしていますが、どれも頑張ればそれなりに稼げたのですが、以前知恵袋で、「色んな在宅ワークを試したけど、結局軌道に乗らなくて、時間を浪費しただけ…イライラして子供にも当たってしまうし、夫には遊んでいるように思われて最悪…」の様な書き込みを見つけました。

          在宅ワークは助けてくれる人がいない分、うまくいかなかった時のストレスが半端ないのかな…と思うと、最近在宅ワークに関する記事を消したほうがいいのか…と悩んだりしています。

          ただ、よく在宅ワークに関するお問い合わせをいただくので、以下の様な記事を書いてみました
          https://cozydays-labo.com/how_to_affiliate

          宜しければ参考にしてください。
          今すぐ始めなくても、何となくこういう稼ぎ方をしている人がいるのか…くらいに思っていただければ私も気が楽です(o^―^o)