産後の手伝い無しで乗り切る方法

我が家の場合、3人目の妊娠は予定外でした。

2人とも里帰り出産出来るように、上の子が幼稚園入園前に産むぞ!と計画し、その通りになりました。

しかしここで3人目の思わぬ妊娠…(;´Д`)

3人目の出産時は上の子は小学校、下の子は幼稚園に行っているので里帰り出産は不可能です。

実家の母が手伝いに来てくれると言うことですが、持病持ちなので無理はさせられません。

ということで、何があってもいいように、産後の手伝い無しで乗り切る方法を調べたり、色々な方の口コミを読み漁りました。

産後の手伝いが無くて不安を感じている方は宜しければ参考にしてください。

産後、手伝い無しで乗り切る方法

“産後の手伝いが無い”と一言にいっても、人よって状況は変わります。

この記事を読んでいただいている方は、出産前で産後の生活を色々心配されている方だと思います。

私一人だけの経験談だと物足りないと思ったので、この記事ではネット上の経験談も詳細しつつ、便利なサービスなどを紹介していこうと思います。

2目の出産時、子供の預け先が無かったAさん「子連れ入院が可能な病院もありますよ」

2歳の娘がいますが、夫は海外に単身赴任で年に数回しか帰ってきません。おまけに、預かってくれる親族もいませんでした。

妊娠した時に一番に心配したのが「入院中の上の娘のお世話」でした。

 

その事を病院に伝えると、子連れ入院が可能な産院を紹介してくれました。

私の住む神奈川県では10院ほどだったと思います。

私が利用した病室は部屋は畳で子供が遊べそうなオモチャやDVDが少し置いてありました。

正直、産後すぐに上の子と過ごすのは大変でしたが、その時はそれ以外方法が無かったので助かりました。

管理人コメント:地域によって違うと思いますが、現在では子連れ入院できる産院もあります。料金はそれなりにしますが、どうしてもという場合は子連れ入院できる産院を探してみて下さい。

ただ、陣痛からお産の時間、上の子をしっかりケアしてくれる病院かどうか調べたほうがいいと思います。

お産の直前まで一緒の部屋で過ごさないといけないとなるとかなり大変ですし、いつもと違うお母さんの姿を見せてしまうと、上の子が不安定にならないとも限りません。

その辺のサーポートが手厚い病院かどうかもしっかりリサーチして下さい。

35歳初産で里帰りしなかったBさん「産褥ヘルパーを利用しました」

里帰り出産希望でしたが、実家は商売をしているため里帰りしてもサポートしてもらえなさそうだったので夫婦二人で乗り切ることにしました。

ただ、高齢出産で産後の体力が心配だったので、週に2回ほど産褥ヘルパーを利用しました。

 

区役所で紹介してもらった提携ヘルパー会社だったので、料金も安くて助かりました。

後で考えると実家に帰る交通費と産褥ヘルパーを雇う費用が一緒くらいだったで里帰り出産をせずに産褥ヘルパーにして良かったです。

 

利用した感想としては、「癖になりそう♪♪」という感じです。

 

2時間のうちの最初の1時間で掃除や洗濯をやってもらい、後の1時間で3、4日分の料理を作り置きしてもらっていました。

食べるときは紙皿を使っていたので食事に掛る手間は徹底的に省けたと思います。

おかげで入院中と同じように赤ちゃんの世話だけで良かったので楽ちんでした。

ただ、私の地区では「産後5か月まで」「利用は20回まで」「1回2時間まで」など規定が色々ありました。

更に、登録には面談が必要でそれによってはサービスを受けられないこともあるそうです。

私の友達は両親が近くに住んでいるという事で面接で落ちていました(実家と折り合いが悪く、産後頼りたくなかったそうで、結局民間の家事代行サービスにお願いしたそうです。)

管理人コメント:私の周りにも産褥ヘルパーを利用していた友達は沢山います。ただ、私の地域では行政と提携している安いところは所得制限があります。

それに漏れてしまった友達は、民間の家事代行サービスにお願いしていました。

友達が利用していたのはこちら。

1時間2,190円の家事代行サービスCaSy

他の家事代行サービスに比べると割安の上に仕事が丁寧だと言っていました。

1週間に1回来てもらう事で自分で1日がかりでやっていた家事があっという間に片付くし、ちょっとした話し相手になってもらう事で気持ちが楽になったそうです。

確かに里帰りしない場合、最初の1ヶ月は何処にも出かけられずほとんど誰とも話さず孤独な毎日なので、誰か家に来るだけでもうれしいかもしれませんね。

3回目の産褥ヘルパー利用のCさん「宅配サービスと併用することで効率アップ」

我が家は夫婦共に天涯孤独。

ですので、頼れる親戚はいません。

その為、3人の子供の産後はすべて産褥ヘルパーを利用しました。

1人目の時は「買い出し」「料理」「掃除」をお願いしていました。

しかし、買い出しをお願いするとそれに時間を取られてしまい勿体ない事が分かりました。

ですので、2人目の時はネットスーパーで予め大量に食材を買っておき、それで1週間分の料理を作り置きしてもらいました。

主人も上の子もよく食べる為、料理を中心にお願いし、掃除は気になるところだけをお願いしました。

ただ、この時来てくださった方は、どちらかというと掃除の方が得意だったようで料理の手際はイマイチでした。

3人目の産後も、料理を中心にお願いしましたが、依頼する際に「料理を中心にお願いするので、出来たら料理上手な方を!」と言っておきました。

すると、今回は要望通り料理上手な方が着てくれて、大変満足でした。

管理人コメント:確かに、限りある時間の中で買い出しを頼んでしまうのは勿体ないですよね。

予め食材は用意しておいてそれを料理してもらたほうが効率的。

私がお勧めするのは生協とネットスーパーの併用です。

生協は、ちょっと手を加えるだけで食べれるようなキッドが沢山あります。

しかし、生協だけだと何か買い忘れた時に1週間我慢しなければいけません。

普段ならスーパーに買いに行けばいいのですが、産後はそれがなかなか難しくなってきます。

そのような時はネットスーパーが便利です。

注文すれば当日、もしくは翌日に届けてくれますし、まとめ買いすれば送料もかかりません。

また、生協よりも割安の事が多いです。

産褥ヘルパーさんが来る前日とかに1週間分注文しておいて、当日一気に料理して冷凍しておいてもらえば1週間楽できるのではないでしょうか?

産後にお勧めの宅配サービス

パルシステム

離乳食作りに嬉しいセットなどもあるので、子育て世代にはとっても嬉しい生協です。

個人的にこんせん牛乳が美味しいです。

お試しセットだけでも是非♪

生協の宅配パルシステム

生活クラブ

私はお試しセットを注文してみた事がありますが、冷凍食品も安心して子供に食べさせらるのがうれしいです。

生活クラブ

オイシックス
有機野菜にこだわりたいならオイシックスがお勧め。

割高ですが、高いだけあって美味しいです。

キットオイシックスという20分で2分を作れるレシピ付き料理キットも人気です。

おためしセット(送料無料)

イトーヨーカドーネットスーパー

私が利用しているネットスーパーです。

店頭価格と同じなので安心ですよ♪


イトーヨーカドーネットスーパー

便利家電をフル活用して乗り越えたDさん「ロボット掃除機、食洗器、乾燥機、布団乾燥機、ウォーターサーバーとにかく使えるものは全部使った。食事はヨシケイの宅配弁当で乗り切りました」

普段から便利家電が大好きな我が家。

床掃除はロボット掃除機にお任せし、洗濯は乾燥機を使用し、干す量を最低限に。

布団干しも面倒だったので、布団乾燥機も常時出しっぱなしでフル活動。

粉ミルクを作るのはウォーターサーバーが便利でした。

食事も面倒だったので、栄養バランスを考えて作られているヨシケイの宅配弁当で乗り切りました。

手伝い無しで不安でしたが、便利家電や宅配弁当のおかげでほとんど動くことなく1ヶ月過ごせました。

唯一沐浴だけが不安でしたが、主人が帰宅してから入れていたのでそれも問題ありませんでした。

ウチの子は、昼間寝て夜寝る子だったのでその方が良かったのかもしれません。

管理人コメント:赤ちゃんのミルクの作り方は、産後ママにとっては大変な作業でもあります。
普通にミルクを作ろうと思うと、粉ミルクやお水の雑菌を取り除くため、また水道水のカルキ臭をなくすためにも、まずは沸騰させたお湯を用意して粉ミルクを溶かし、それをまた人肌程度まで冷ます必要があります。

しかし、ウォーターサーバーの中でも特にピュアウォーターの場合はほぼ無菌なのでそのままミルクにすることが出来ます。

お湯の方で粉ミルクを溶かして水で人肌にするだけ。

夜中のミルク作りが格段に楽になります。

お勧めピュアウォーターサーバー

おいしい天然水アルピナウォーター

小型で軽量の8リットルボトルなので女性でも設置が楽だそうです。

ただ、産直後はお手伝いしてもらったほうがよさそうですね。

ハワイ生まれのピュアウォーター「ハワイアンウォーター」

純度99.99%、25年をかけてろ過されたハワイ生まれのピュアウォーターです。

ウチのマンションはよくこのウォーターサーバーの宅配トラックが止まっています。

なかなか人気があるようですね。



食事作りもご主人からの文句が出なければ宅配弁当という手もありますね。
ヨシケイの冷凍弁当は高齢者向けに作られていますが、それゆえ塩分が控えめになっていたりするので母乳育児の方などにはピッタリですね。



 

まとめ

産後の心配は、何回出産をしてもつきものです。

初めての方は想像もつかないと思いますし、私の様に3人目の場合も上の子を見ながらの産後はやはり負担も大きく不安です。

お手伝いを頼める方がいる場合は安心ですが、母親や義理の母にお願いすることで逆にストレスになったという方もいます。

産後ばたばたしない為にも、自分が一番安心して産後を過ごせるなという方法を出産前にシュミレーションしておきましょう(o^―^o)

コメント