小学1年生のお小遣いの与え方(我が家の場合)

息子が小学1年生になり、周りにもチラホラお小遣いをもらっている子が出てきました。

その影響で息子ちゃんも「ぼくもお小遣いが欲しい」というようになりました。

子どもだけで出かけることもまだないし、特にお小遣いの必要性を感じなかったのですが、私も小学1年の頃には月に100円もらっていたので、そろそろお小遣いの与え方について考えないといけないなと思い始めました。

小学1年生のお小遣いの与え方(我が家の場合)

まずは「お金とは何ぞや!?」という事を学んでもらう

お小遣いを与える前に、我が家ではとりあえずお金の事について学んでもらう事にしました。

まずは、実際に横にピッタリついてお菓子を買わせました。

受け取ったレシートを見ながら、消費税についてもざっくり教えました。

そして、こちらの本でお金のことを更にお勉強。

勉強とは言っても漫画なので、1年生の息子でも楽しく読めます。

アフロ先生が面白おかしく解説してくれるので、爆笑しながら何度も読んでいます。

「景気」「税金」「年金」「銀行の仕組み」などなかなか難しいテーマにも触れており、最初は「おいおいこんなの1年生が読んでもわからんやろ」

と思っていましたが、彼なりにざっくり内容はつかめたようです。

まぁ、ここら辺は今は分らなくても知識としてあればいいですしね(ハッキリ言って私もよく理解していない部分が…←おい)

因みに、この本をきっかけに息子ちゃんはこのシリーズのファンになり、新しい本が出るたびに買っています。

隣にある「おしりたんてい」も大好きなんですけどね…(;’∀’)

小学1年生のお小遣いの与え方を考える

お金のことをざっくり学んでもらったところで、次はお小遣いの与え方です。

ネットで1年生のお小遣いについて色々調べると、だいたい以下の5パターンに分けられます。

①小学校低学年のうちは与えない

➁毎月(毎週)定額で与える

➂必要な時に与える

④ご褒美として与える

⑤お手伝いをしてくれた時に与える

私の場合は①の方法で、毎月100円を貰っていました。

この方法がいいのか悪いのかは分かりませんが、私はこの方法ではお金の大切さのようなものを学べなかった気がします。

⑤の与え方をしている方も周りには結構多いのですが、お手伝いは家族の助け合いの中で優しい気持ちをはぐくむ大切なことだと思うので、そこに金銭が発生するのは何となく抵抗があったので、我が家では採用しませんでした。

という事で、我が家では④の「ご褒美として与える」を採用することにしました。

「出来たよシール」でお小遣い

この方法も賛否両論あると思うのですが、

息子と一緒にこれから頑張ることを決めて、それが達成出来たらシールを貼ってお小遣いをあげるという方法にしてみました。

 

例えば英語の音読。

30回したら100円。

(適当に書いたので字が汚いのはご愛敬)

あとは、うちの子は絶望的に運動が出来ないので、それが達成出来たら100円というのもあります。

ご覧の通り逆上がりは全くできません(涙)

あと、「マクドナルドで大人のメニューを食べてみたい」という希望があったので、けん玉大皿10回連続で要望に応えようという事になりました。

(まだ最高連続5回くらいなのでまだまだですね~)

 

この様なノートを書くことによって

息子が現在何が出来るようになりたいかも知れるので私と息子にとってはなかなかいい方法じゃないかなと思っています。

最初は、こんな方法をとったら、シールが貰えない項目については頑張らなくなるんじゃないかと思いましたが、宿題も頑張ってるし、本も自主的によく読んでいます。

運動に関しては、やっぱり苦手意識があるのか自主的にはやりませんが、たまに思い出したように縄跳びをしたりしています。

また、何か達成したらお小遣いもあげますが、もちろんしっかり褒めるようにしています。

プロセスと結果の両方から褒めることによって、今後のやる気も出るんじゃないかなと思っております。

因みに、この様なノートを作りましたが、強制はしていません。

嫌々やらしても意味がない気がするからです。

あくまでも、彼の自主性に任せています。

4歳の娘ちゃんにはお小遣いの代わりにドーナツ

息子とこんなやり取りをしていると、4歳の娘も「私もやりたい!」となったので、娘ちゃんの場合は彼女の希望で”ドーナツ”にしました。

娘ちゃんの場合はとりあえず「音読」「英語のワーク」「ひらがな練習」にしました。

すると、やっぱり女の子は真面目ですね。

兄よりも頑張ってやってます(笑)

大きくなったら定額のお小遣い制+家庭内アルバイト制にしようかと思っています

因みに、高学年になったら定額のお小遣い制を取り入れようかと思っています。

額は決めていませんが、500円くらいかな?

 

それにプラスして取り入れたいのが「家庭内アルバイト制」

 

友達がやっていたのですが、例えば「網戸掃除100円」「ベランダ掃除100円」などという家庭内アルバイト募集のメモをコルクボードに貼っておくそうです。

大体は、自分がめんどくさくてやりたくない家事がほとんどだそうです。

子どもたちは、何か欲しいものがあってお金が足りない時はそのメモ用紙の中から自分が出来そうなアルバイトを見つけてやるそうです。

この方法だと、親も楽出来ますしね(笑)

ただ、お金の使い道をしっかりとお小遣い帳につけさせて、親も管理することも重要だそうです。

以前、お金の使い道を管理していなかったら、ためたお金で友達にお菓子をおごっていたそうです。

小学生のうちから「おごる」「おごられる」というのはよくないですしね。

お小遣いの与え方はケースバイケース

ここまで我が家の(というか私の)お小遣いに対する考え方をツラツラ書いてきましたが、やはり各家庭によってお小遣いの与え方はケースバイケースですよね。

早くから一人で習い事に行ったりしている子はちょっとした軽食を買うお金もいるかもしれませんし、まだ親の目の届く範囲でしか行動しない子は必要ないかもしれません。

ただ、小さい時のお小遣いの与え方って今後の金銭感覚を左右すると思うので、お子さんにあったやり方を是非考えてみて下さい(o^―^o)

コメント